MENU

ステインについて

ステインとは歯の黄ばみやくすみに、汚れなどの色素沈着をさします。

 

ステインは歯が食べ物やタバコなどの着色要因となるものにさらされることにより着色が起こったり、
歯の質が変化することで変色を起こします。

 

この変色の種類には外側からのスティンと、内側からのステイン、加齢によるステインがあります。
外側からのステインはエナメル層にシミがつくと起こる物でコーヒーやコーラ、ワイン、タバコなどが主原因として考えられます。

 

内側からのステインはエナメル質の下の象牙質が黄色くなったり茶色くなったりする症状で外側からのステインとは違い
神経や血管の負傷などの様々な要因で変色することが考えられています。

 

加齢によるステインは外側と内側の着色要因があわさって起こる物で
加齢による象牙質の露見、加齢により食べ物による着色がしやすくなることなどがあげられます。

 

内側からのステインや加齢によるステインの予防は難しい場合もありますが、
外側からのステインは毎食後の歯磨きや就寝前の歯磨きの徹底や定期的な歯医者での
クリーニングなどの施術を受けることなどが予防に役立ちます。

 

歯の本来の色は黄ばんでいる

たまにテレビなんかで驚く程白い歯をしているタレントさんがいたりします。
白すぎて逆に不自然に見えてしまうこともあるでしょう。

 

大体そういう場合は本格的なホワイトニングをしているとみて間違いありません。
というのも人間の歯の本来の色というのは多少黄色っぽい色をしているからです。

 

歯というのは外側のエナメル質とその内側の象牙質、そのさらに中の神経という
構造になっているわけなのですが、象牙質というのは黄色っぽい色をしていて
それがエナメル質から透けて見えるので歯の色としては黄色がかったような状態に見えます。

 

そして、象牙質というのは年齢を重ねるごとに黄色味が強くなっていきます。
よく加齢と共に歯が黄ばんでしまうというのは象牙質の変色による可能性が高いのです。

 

なので歯の本来の色というのは多少なりとも黄色がかっているというわけです。
とは言ってもそこまで年を重ねていない段階ではその歯の本来の色でも何色かと聞かれれば
白と答えるぐらいに白さのほうが勝っていると言えます。

 

ホワイトニングをする時にはどの程度まで白くするかによって対応が変わります。

 

例えば、歯の本来の白さ以上に白くしたいということであれば歯科医院のような
ところに行って本格的なホワイトニングをする必要が出てきますが、
歯の本来の白さを取り戻すという程度であれば自宅でできる歯磨きでのホワイトニングケアでも十分です。

 

なので歯を白くしたいという時には掛けられる費用とどの程度のレベルまで歯を白くしたいのかを
考えてそれに見合った方法を選択するというのが大切なことでもあります。

 

 

歯の本来を白さを取り戻す歯磨きでのホワイトニングケアとは?>>>