MENU

歯に汚れがつきやすい食べ物

タバコや食べ物あるいは飲み物が原因で歯が黄ばんでいく現象をステインと言いますけれども、
今回はどんな食べ物がステインを誘発しやすいのかという点について考察していきましょう。

 

とりわけどのような食べものが歯を黄色にしてしまうのかと言うことについて知っておくのは
大変重要なことだと思います。

 

ちなみにここで気を付けなければならないのは
体にいい食べ物だからといってもステインの原因にならないわけではないということです。
それぞれざっと見ていきましょう。

 

意外なものがステインの原因になりますので、しっかりと覚えておきましょう。
まずは赤ワイン、ポリフェノールで体にいいというイメージが付き纏いますけれども歯の色を悪くしてしまいます。

 

それから大豆製品も歯の色を変えてしまうという意味では最悪です。
ココア、バナナ、リンゴ、ぶどうなどの食物酵素が摂取出来る生果物も歯の色にとっては悪いのです。

 

こうなってきてしまうと何を食べればいいのかさっぱりわからなくなってしまいますけれども、
仮にステインになっても医療機関に行けば治療をしてもらえますのでそこまで気にする必要はありません。

 

>>>食べ物による歯の黄ばみは歯磨きで落とすことができます

関連ページ

歯が変色してしまう原因について
ステインって何?歯の本来の色とは違う!
歯を白くするためには着色汚れが黄ばみの原因となるステインについてよく知っておくことをオススメします。