MENU

歯が変色してしまう原因について

白い歯というのはその人の印象としては爽やかで清潔感のあるイメージを作ってくれます。
誰でもできることなら歯は白いに越したことがないと思っているでしょう。

 

 

しかし、生活の中で口にするものや年齢的なことで何もしていなければ歯は変色してしまいます。
元々の歯の色は真っ白ではなく乳白色なので黄色っぽいと言ってもそれを通り越して
黄ばんでしまったような歯では人に見られたくなくなってしまいますよね。

 

歯が変色してしまう原因を知ることで予防策や改善策が見えてきます。
そもそも、歯が変色してしまう原因は大きく分けて二つあります。

 

それは歯の外部から表面が着色してしまうパターンと歯の内部が原因となって変色してしまうパターンです。
どちらかというと歯の外部が原因となっている変色の場合は比較的簡単に白い歯を取り戻すことができます。

 

一般的には外部が原因=「着色」、内部が原因=「変色」と言われています。
では変色をしてしまう原因とはどういったことなのでしょうか?

 

 

まず有名なのは神経を抜くことによって起こる象牙質の変色です。

 

象牙質というのは歯の内部の組織ですが、神経を抜いてしまうとこの象牙質に栄養が行き届かなくなり
徐々に色が茶色っぽく変色してしまい、それがエナメル質から透けて見えるという状態です。

 

他にはテトラサイクリン系抗生物質を服用したり、フッ素の過剰摂取などを小さい頃にしていると
大きくなった時に歯が変色してしまう原因になると言われています。

 

また、元々の歯の色は乳白色という話をしましたが加齢によっても歯は変色します。
年齢を重ねるごとにその乳白色の色が徐々に濃くなってきて黄色がかったように見えるのです。

 

 

歯の内部が原因となる歯の変色は歯磨きだけで落とすことは難しいです。
こういったことが原因になっている場合は歯科医院で行うオフィスホワイトニングや
マウスピースなどを使って自宅で行うホームホワイトニングが対策として考えられます。

 

 

外部の着色による歯の黄ばみは歯磨きで簡単に落とすことができます>>>

関連ページ

歯に汚れがつきやすい食べ物
ステインって何?歯の本来の色とは違う!
歯を白くするためには着色汚れが黄ばみの原因となるステインについてよく知っておくことをオススメします。