MENU

虫歯のできるメカニズム

虫歯は毎日歯磨きをしていてもなってしまう場合があります。
これは生活習慣や口内環境が深く関わっています。
口内にはさまざまな細菌が存在しますが、虫歯菌は食事を始めるとすぐに発生します。

 

特に糖分が好物で分解して歯の表面に付着させます。
虫歯菌が集まって歯の表面に付着したのがプラークと呼ばれる歯垢です。
そして酸が発生し歯を溶かします。
歯を覆っているカルシウムなどのエナメル質を溶かします。

 

歯の透明感がなくなり白く濁ってきますし、表面の滑らかさがなくなります。
歯茎も赤くなり炎症を起こします。
歯と歯の間に歯石も溜まってきます。
歯磨きをすると出血することもあります。

 

虫歯のできるメカニズムはこのような段階で進んでいきますが、虫歯が進行すると歯周病になり歯がなくなります。
歯の根の部分だけが残って神経も失うことになります。
膿んでいる状態ですから、臭いも発生して痛みが起こります。

 

そうなると義歯をかぶせることになったり、インプラント治療を行ったりしないといけなくなります。
虫歯のできるメカニズムを知り、毎日きちんと適切なケアをすることが大事です。

 

>>>歯の着色汚れは歯磨きで落とす方法とは?