MENU

ウォーキングブリーチによるホワイトニングとは?

歯の黄ばみや変色の原因の一つに内部の神経が関係しているケースがあります。
例えば神経を抜いてしまったり、神経が死んでしまった失活歯というのは、
徐々に歯が変色をしていってしまい、黄ばみを通り越して茶色っぽくなってしまいます。

 

 

通常のホワイトニングというと表面の着色汚れを落とすというイメージがあると思います。
しかし、表面の着色汚れを落とすホワイトニングではこのような内部の象牙質の変色による
歯の変色を白くすることは基本的にはできません。

 

 

歯の内部の神経が原因になっている変色にはまた違ったホワイトニングの方法があります。
それがウォーキングブリーチと呼ばれる方法です。

 

 

このウォーキングブリーチというのは歯の神経が通っている細い管に漂白剤を入れるという方法です。
文字だけで説明をすると神経の管に漂白剤なんて痛そうだと思われるかもしれませんが、
そもそも神経が死んでしまったりなかったりする歯に対して行うので痛みを感じることはありません。

 

 

管に入れた漂白剤を何度か交換しながら続けていくことで、神経のない歯も白くすることができます。
また、ウォーキングブリーチによるホワイトニングは効果が表れやすいことでも人気です。

 

 

以前まではウォーキングブリーチには保険が適用されていましたが現在は保険適用外の治療です。
費用は全額自己負担ですが、平均の相場としては歯一本一回で2000円程度です。

 

 

ちなみに神経が生きている歯に対しては歯が白くなるという効果ありません。
なので全体的にホワイトニングをしたけれど、神経のない歯には効果がなくて一本だけ周りと
比べると浮いてしまっているというような場合に検討すべき方法になるかと思います。

 

 

神経のない歯を白くするには他にもマニキュアやかぶせものをしたりといった方法で白くすることも
できるのですが元々の歯を活かしてということであればこのウォーキングブリーチがオススメです。

 

 

タバコのヤニや飲み物などの着色汚れは歯磨きで落とすことができます>>>